Sponsored link

カラオケ 低音の出し方

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

カラオケ 低音の出し方
低音を出すのが苦手な方は、普段話す時の地声が高い方に多いようです。
低音は喉を大きく開くため、息も多く出さないといけない為『肺活量』を増やすと低音が出やすくなります。

 

そこで息が足りなくならないよう、トレーニングをし低音をうまく出せるように練習してみましょう。

 

 トレーニング方法

 

1、自然な姿勢で立つ

2、下腹部分に息を溜めるような感じで、ゆっくりと息を吸い込みます。

3、唇をつぼめて、ゆっくりと息を吐き出していきます。(最後まで吐き出す)

これを3回程度おこなってください。

声をださないで、思いっきり吸って、肺の空気が残らないくらい吐き出すのがポイントです!

 

 

この練習をすることによって、肺活量がアップし低音が歌いやすくなります。
また低音を歌うときは、あごを少し引き喉を楽に開けます。

 

 

胸の辺りから声を出すような気持ちで歌うと、響きのある、厚みのある低音が出ます。


Sponsored link

コメントを残す

*

このページの先頭へ